真剣にご結婚を考えるなら高実績のプレマリへ。 結婚情報サービスのパイオニア、株式会社ブライダルが運営する安心信頼の結婚紹介サービスサイトです。

  トップページ結婚応援日記
ここでは、プレマリを活用して結婚するためのコツを中心に、プレマリの専門カウンセラーが交代で情報を更新致します。 楽しい情報、役立つ情報をご提供してまいります。ご期待ください!

« 2015年09月 | メイン | 2015年11月 »

2015年10月31日

深夜は感情がセンシブル。

最近忙しくお疲れさん状態のかた。
慢性的にストレス状態になっていませんか?
ストレスは脳と体のコントロールを乱しますので衝動的な言動や行動に走らせがちです。
やたら暴飲暴食に走ったり、何気に怒りぽっくなったり、その結果トラブルを招く。
とほほ。。。踏んだり蹴ったりと嘆くあなた、睡眠はとれていますでしょうか?
まずここからです。 
夜更かしスタイルが定着しているかたは、何に時間をとっているか一度チエックし
明日に回せるものは回し、惰性で見ているテレビや携帯画面は思いきって切りましょう。
そして、部屋を薄暗くしてゆっくり布団の上で胡坐をかき呼吸に集中してください。
慣れるまでは他事に気が向き意識は集中できませんが「吐いて 吸って」と
それだけ唱えていますとまた集中が戻ります。そんなことを数分していますと
瞼が落ちてきます。 かなりリラックス状態で布団に入れますのでお勧めです。
何故にこんなことを? いやはや、最近交際中のカップルがメールがもとで破局することが多いもので危惧しております。
深夜は感情がセンシブルになっていますので、あまり深い内容は避けたほうがよろしいでしょう。 
連絡事項とかご機嫌伺い程度の短いものにしておいたほうが無難だと思います。 
言いづらいことはメールで伝えがちですが、会って伝える労力を惜しまずに頑張って頂きたいと思います。

今日で10月も終わりです。残暑疲れ、遊び疲れで体が弱っている時期です。
ここで一気に冷え込みが来ますと風邪をひきやすいので、くれぐれも体調管理をし本年のラストスパートに向かってくださいませ。


投稿者 premarri : 15:10

2015年10月24日

自制は難しい。

頑固で自分の意志を通す人なのですが食に対しては意志が弱い。
いつも食べきれないほど注文したり買ったりする。
そのあげく、食べ終わったら食べすぎた~ と連発。
自分は口が卑しいからと卑下はするものの、本心からでない。
その証拠に、注文している最中に制すると、大変不服そうな表情かつ不快な顔をする。
自分の金で食べるのだから、何が悪い! そうかもしれない。
だか、こちらとて、あとでなんやかんや聞きたくないんで。
食べ残しなど見るのも嫌だと言ったら、相手は無理して食べるがそれじゃ味もなにもあったもんじゃない。 
無理にお腹に押し込むなど罪に等しい。   
食の楽しみ方はそれぞれあると思うがこのような人とは合わない。
交際終了。これは私の若かりし時のエピソードです。

今は私も丸くなりましたので、ここまで厳しいことは言いませんが
やはり何にしてもテンポが合わない人と一緒にいるのは楽しくないですね。
食のテンポ、会話のテンポ、感動したり怒りを覚えるテンポ。
笑いのテンポが合わないのはまさに悲劇です。 言いかえれば「ツボ」ですね。

「とても良いかただとは思うのですが、自分とは何かがずれているようでしっくりこない。言葉では伝えにくいので、感性の違いということでお断りしてください。」

男女ともお断りの理由で一番多いのが「感性の違い」ですが、それしか表現する
言葉が見つからないだけで、蓋を開ければ、その内容は人それぞれ違いは有ります。
この人には許してもらえないけど、あの人にはスルーして何にも言われません。
でも許してもらえない人の方が好きなんです。 どうしたら良いでしょうか?

本当にこれは難しい。 当座我慢してもストレスは溜るでしよう。
自分をコントローできるところはしていくしかないと思いますが、果たしてできるでしょうか?
結婚は毎日が現実的な生活なのです。 そのへんをよくお考えくださいね。
とは言うものの「好き」という感情に自制をかけることは、魔法をかけるよりも難しいことかもしれませんね。

投稿者 premarri : 15:27

2015年10月16日

分を知る

「分を知る」 「身の丈に合ったもので」は昔からよく耳にする言葉です。

ある女性会員:入会時にお聞きしたお話です。

両親を早く亡くし、それからは親代わりとして兄弟姉妹の面倒を見、妹の子育ても
物質面も含め援助してきました。親がいたら当然すべきであろうということを自分が
してきました。自分のことは後まわし。これが「自分の分だと」受け入れ今まで我武者羅に頑張ってきました。 
女ですが男のように誰に頼ることなく突っ走ってきましたが、
「もうここらで良いのでは、私も誰かに頼り穏やかな生活を送りたい」そう思ったとたん
結婚がしたくてたまらなくなりました。 こんな私でもお相手はいらっしゃいますか?
「身の丈に合った方でよいので、お相手が健康でささやかでも安定した生活ができればそれで良いです。
自分の年齢もありますので、歳の差はかなりあってもOKです。
人生をリセットする訳ですので、むしろ地域は離れていたほうが良いのでこだわりません」 

素顔が美しく 頭の回転が速い、お喋りが快活で楽しい。 本当に素敵な女性です。
初めての婚活ですが大変意欲的で、できれば年内に決めたいという決意で入会されました。
入会からまだ1週間そこそこですが、すでにお見合が3件も成立しております。
通常はなかなか成立しにくい年齢ですが、彼女の「分を知る」 「身の丈に合ったもので」という取組にご縁の神様が応援したのか、ご自身の予想を超える良い方々とお見合が成立し、非常に喜んでおられます。
自分を知ることは、自己コントロールの第一歩といわれております。
自己コントロールが上手くいきますと目標設定も誤りません。
目標設定が高すぎますと、かなりしんどい思いをします。
「分を知るということは己を知る」ということですので、その辺は大事なこととしてお伝えさせて頂きます。

投稿者 premarri : 15:26

2015年10月10日

ガッカリは相手もガッカリ

先日電車内である青年同士の会話を耳にし、思わず吹きだしそうになりました。
一人の青年はきちんと正確な言葉使いでしゃべりたいタイプ。
もう一人の青年は感覚で思いつくままの言葉を発するタイプです。
いいかげん君が「テストの首切り点は何点だっけ?」と発し
正確君は「それは足きり点と言うの!」と切り替えしていました。
仲の良い友人同士か、いつもこんなあんばいで会話を進めているのだと思いましたが、普通はこうはいかないでしょう。
自分の間違いを棚に上げ、「いつもいつもうるさいな。
だいたいの感じで分かるでしょう。上げ足とるなっ!」とうんざりするだろうし、正確派にとっては、「当然の指摘」と思っているでしょうね。

先日のお見合の席でもこれに似たことがありました。
かなりおおらかの女性と、優秀だけど、何かの拍子に神経質になる男性とのお見合でした。
かなり打ち解けてお話が弾み冗談で笑いも出る良い感じで進んだのですが
彼女が少しふざけておかしな言葉使いをしたところ、彼のスイッチが入り
「その言いましはおかしい」と真顔でたしなめたそうです。
それで一気に雰囲気が悪くなったとのことです。
「君はユニークだね! おもしろいよ」とはいかなかった訳ですが、そういうことに
譲れない人もいるのです。
ただ初対面の人ですから、まずはその場は流すことをしていただきたかったです。
相手の話す内容にことごとく否定的な言葉を返す人もいます。
値踏みや、荒さがしをする場ではありません。
相手の良い所をまず見つけよう。 共通点を一つでも探そう。
せっかくセッティングされた日ですので、前向きに臨んでいただくことが良縁に繋がっていきます。
ガッカリは相手もガッカリなのです。 貴重な時間を無駄にしないようお願いしたいものです。


投稿者 premarri : 15:26

2015年10月08日

失敗し続けることなどない。

またもや今年もノーベル賞受賞で日本中が沸きましたね!
大村さん・梶田さん の偉業に同じ日本人として誇らしく思うと同時に勇気をもらった人もたくさんいたでしょう。
天才、はたまた秀才+桁外れの努力家、忍耐強さ、探求、ロマン。
すべてをもってしても、計り知れない時間を使っても、99回の失敗を重ねても、強靭な精神力で
成功を信じ進んでいく。 だからこその偉人であるわけですが同じ人間なのにと、たただ感嘆するのみです。

次元を凡人の世界まで落としまして自分の周りを見ますと、世の中で起こっていることは絶えず変化し続けている。変わらないものなど何ひとつ無い。心配事は絶え間なく起こるし、ときには万事休すといった事態も生じる。しかしそれもまた思いもかけない方へと好転することも多々ある。
真面目にこつこと変わらず過ごしていても、周囲の想定外の動きに、今まで培ってきた事が一瞬で
崩れることもある。しかしくじけないで、いままで頑張ってきた自分を信じ、それに向かう覚悟で、
またこつこつ歩きだしたら、そのうち不思議な良い風が吹いてくるものです。
成功し続けることが無いと同じく失敗し続けることもない。繰り返しの中で投げ出さない。
人生とはそういうもであると、このたびの受賞者のお二人の話と重ね合わせて実感しております。

投稿者 premarri : 21:35

2015年10月02日

いろいろドラマが有りました。

早9月が過ぎ10月になりました。その途端急に寒くなり風邪をひいてしまいました。
皆さんは大丈夫でしょうか?
9月のご成婚退会者についての事務作業が終わり一息ついているところでございます。
9月のご成婚数は今年1番多い数字で、ドラマもいろいろ繰り広げられましたので
安堵感と心地よい疲労感で気持ちが充足しております。
その中より3つほど抜粋してご紹介します。

①入会から1年半が過ぎたものの結果がついてこなく、年内結婚が決まらなかったら活動そのものを辞めると宣言されていた方が交際1ヶ月でなんと決まりました。
夏前は本当に落ち込みがひどかったので、励ましたり考えかたを変えるように伝えたり。途中で投げ出していたらこの度の縁は来ませんでした。
最初彼からのお申込みでしたが、彼の立派なプロフィールにおじけついて彼女はお断りをされてしまいました。それを知ったアドバイザーがなんと勿体無いことをするの!と一喝して、今度は彼女から逆申し込みをされた所以がございます。
アドバイザーの押しが無ければそのまま捨てられたご縁でした。

②入会される前に婚約破棄を経験され、やっと傷が癒え当方で活動されることになった方ですが、このかたもドラマがありました。
前回の婚約破棄は彼にご両親がいないことでした(早くに他界)。 
最終的にそれが不安ということでお相手の親様に反対されての破局でしたので本当にお辛かったと思います。
しかしこのたびご成婚された方は境遇が似ておりました。 
早くに肉親を亡くすという悲しさは境遇が同じであるからこそ理解できることが大です。
入会から4ヶ月のご成婚退会でした。

③慎重なご性格でかなり時間をかけてまとまった方ですが、これは仕方ございません。
彼女に持病が有り、それを受け入れることにまず時間をかけた。そして親様の反対に根気よく接していかれました。彼女も大切だが親も大事。駆け落ちまでしての結婚は望まないと彼はきっぱり私に伝えられましたので静観することしかできませんでしたが、
一方ずっと不安で彼の決断を待っている彼女の気持ちを察すると心が痛くもなりました。 
このたび円満にすべて解決されてのご成婚報告に涙してしまいました。
しかし半年で決めることを守られましたことに彼の誠実さをしみじみ感じております。

その他、先日ご紹介しました海外在住のかたのご成婚や50歳を目前にゴールインされた女性や、再入会での男性の成婚 その他数組ございますがまずは少し疲れておりますので、ここまでのご紹介とさせていただきます。

今月もすでに成婚退会予定者が挙がってまいりました。
皆さん回り道を経験されております。
でも続けていれば必ずや巡ってきます。
それを信じて又今月も一緒にやっていきましょう!!

投稿者 premarri : 19:08

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
新入会者速報

ご子息ご令嬢のご結婚をお手伝いします
法人向けプラン