真剣にご結婚を考えるなら高実績のプレマリへ。 結婚情報サービスのパイオニア、株式会社ブライダルが運営する安心信頼の結婚紹介サービスサイトです。

  トップページ結婚応援日記
ここでは、プレマリを活用して結婚するためのコツを中心に、プレマリの専門カウンセラーが交代で情報を更新致します。 楽しい情報、役立つ情報をご提供してまいります。ご期待ください!

« 2015年04月 | メイン | 2015年06月 »

2015年05月30日

5月もあと1日。

5月中旬以降夏日のような日が続き、まだ5月だったの!と思うのと
公私ともに忙しく、なんやかんやいろんな事をこなしていたので
これまた、まだ5月だったという感じで最終日を明日迎えます。
とりたてて変わったことが無く日々が過ぎていく方が、時間経過が短いように私は感じてしまいます。
旅行など行った時に1日が長く感じるのと同じかな~
未知の経験をしていく子供時代は時間の経過を遅く感じ、経験値が高くなる成人から時間の経過を早く感じるらしいです。

昨日感動したことがありました。
お嫁さんが7月に出産を迎えるのですが、なんとお腹の赤ちゃんの手形を映像で出し
可愛くプリントアウトしたものをメールで送ってきました。
それが息子の赤ちゃんの時とまったく同じ形をしていて、感動というか、まさに
息子のDANを受け継いだ形をこの時期に見れるということに飛び上がるほど嬉しかったです。
知らないうちにいろんな事が進化発展していき、取り残されて行きそうですが、これからどのような世の中になっていくのか、まだまだ見ていきたいものです。
お嫁さんは陣痛が本格的にきそうな段階から無痛分娩に切り替わるということで
死ぬほど辛いお産にはならないとのことです。
こういうかたちがこれから主流になっていくのですかね~..
初産が40歳位という方が昔に比べ本当に多くなりましたので、出産の形がより
安全になっていくことは良い事です。
だから婚活が遅くなったかたも希望を持って活動してくださいませ。
子供がほしいと自身の年齢を顧みず、若い方ばかりにむやみに申し込みをしていく男性は、もう少し勉強してくださいませ。
女性は産むマシーンではないのですから。


投稿者 premarri : 18:59

2015年05月15日

核となるものは何か?

女性は男性より感情表現が豊かでお喋り。
でもそういう人ばかりではないです。
昔、私の友人が奥さんのことで愚痴を言ったことがあります。
聡明で美人の奥さん。育児も家事も仕事も完璧にこなす人でした。
でも彼曰く「僕の奥さんは世間話ができないんです」
たわいない話は「あっそう」で終わっちゃう。
興味の無い話には突っ込みを入れてこない。
これじゃ寂しいですよ~
結婚前はよく政治や経済、世の中の動きについて、飲みながら彼女と語らい
互いに刺激を受けることは楽しいことでした。
しかし結婚後もこの調子ばかりでは....
彼女に求めるものが違ってきたこともありますし。
家ではとりあえずくつろぎたいのです。 
たわいない世間話が普通にできる夫婦が羨ましい。
あうんの呼吸。自然の空間の中で時間の流れを感じたいのですが、
そんな僕に、彼女は退屈のようです。

彼は外資系で働くやり手の営業マン。 結婚後は少し太りましたがそれでも
容姿はなかなかのものです。
独身時代はモテ男。そんな彼に夢中になったのは奥さんのほうだったのに、冷たく
あしらわれているようで可哀そう。これじゃよその可愛い人にとられちゃうかも。
いえいえそんな心配はありません。かれは彼女を愛していますし、内面はごくごく
普通~の男性。 決して肉食系ではありません。
それに彼女は決して彼に退屈していません。
むしろ今の生活に満足。だから自分の本来の性格を遠慮なくそのまま出しているんです。
彼女はいわゆるクール系です。 
話を広げてああだ、こうだと言うことが性格的にできないんです。
場を盛り上げることなど苦手ですが、人が楽しんでいるのを見るのは好きですし
賑やかしい場所も嫌いではありません。
でもなぜか人を緊張させてしまう雰囲気は確かに持っています。
でもそんな彼女に独身時代惹かれていたのは誰でしたっけ?

結婚とはそういうものです。独身時代に良しとしたものが日常生活の中で
色褪せて見えたり、窮屈に感じるようになったり。
どうやって折り合いをつけていこうか、ほんとうにみんな悪戦苦闘。
それを繰り返しながら絆を深めていくのが結婚生活です。

相手の苦慮に鈍感になったり避けたりするのは、ひとへに甘えがあるからです。
夫婦だから許すのは当たり前。それを全面に出して開き直るのは卑怯です。
互いに乗り越えて行こうという努力が感じての「許し」です。

友人夫婦はおかげさまで何事もなく結婚生活を続けています。
いろいろ不満があっても核となるところで結びついているということでしょう。
皆さんはいろんなかたとお見合で出会えるチャンスがございます。
自分が何を一番としているのか気づくためにも、たくさんのかたと出会い
是非とも相性の合うかたと結ばれてくださいませ。

 


投稿者 premarri : 20:00

2015年05月03日

新緑の眩しさのなかで。

景気も少し上向き、今年のGWは例年以上に賑わっています。
新緑の季節、どこかに出かけたい衝動にかられますね。
人混みが嫌いな人は散歩がお勧めです。
思わぬ発見があって楽しいですよ。
新緑のエネルギーを吸収しながら歩けば心も体もリフレッシュします。
ここ数年GW中のお見合い設定はたくさんあったのですが、
今年は旅行に出かける方が多く、お見合いはGW後の設定を希望される方が多いという異変があります。
みなさん無事に帰ってくださいよう~~ お見合いが待ってること忘れないでね~

最近の傾向として驚いているのが、結婚1周年記念として、新婚旅行に負けない位の
旅行をされるカップルが多くなったこと。そして子供を授かったら、2人だけの旅行はこれで最後と、また記念旅行される。
別段生活水準が高いわけでもない、ごく身近の若夫婦なのですが、
お金のかけどころが昔とは違うとつくづく感じます。
普段は倹約しても思いで作りには贅沢する。
仲良し夫婦を継続するには大切なことかもしれませんね。 
私も今の時代を生きたかったと、羨ましい限りでございます。 

投稿者 premarri : 15:38

2015年06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
新入会者速報

ご子息ご令嬢のご結婚をお手伝いします
法人向けプラン