真剣にご結婚を考えるなら高実績のプレマリへ。 結婚情報サービスのパイオニア、株式会社ブライダルが運営する安心信頼の結婚紹介サービスサイトです。

  トップページ結婚応援日記
ここでは、プレマリを活用して結婚するためのコツを中心に、プレマリの専門カウンセラーが交代で情報を更新致します。 楽しい情報、役立つ情報をご提供してまいります。ご期待ください!

2015年02月22日

●昔も今も同じです。

ある小説の1シーンで主人公に知人が縁談を進めるくだり。

「確かに適齢期は過ぎてしまいましたが、まだその余裕などありません」

「余裕があるとかないとか結婚はそんなもんじゃない。」

「君よりはるかに生活が苦しそうな人でも結婚している。
自分がそんな男達とは違うと思っているのか?」

「苦しい時だからこそ、ともに支え合う伴侶が必要じゃないか。
それとも成功した時に、それを目当てにやってくる相手が良いのか?」

その言葉に一理あると思い主人公は結婚をすることを決めた。

この時代背景は大正時代初期なので、結婚は親が決めた人とするのが
普通で結婚式当日に初対面ということも多々ありましたが、それで
家族構築ができるということに、時代とはそういうもんだと思うしかありません。
しかし、苦しいときこそ支え合う伴侶が必要ということは、現代でも同じです。
私達の若い時は「一人では食べていけないが二人だと食べていけるようになる」
ということをよく聞きました。
これは女性が家計をしっかり切り盛りしていき、生活基盤できるというだけでなく、
夫が「この人を幸せにするために頑張ろう!」と思う気持ちが
今までの何倍も働くからです。 それが結果になり収入も上がっていくのです。
ともに苦労すると誓った相手ですので、妻の内助の功もしかりです。
外で家族を守るために死に物狂いで働いている夫を十分理解し支えていく。
今、不安定な生活でも結婚したら何とかなる。これが結婚の考えかたでした。
だから周囲も「早く身を固めよ」と口うるさく言ったもんです。
本質的な所は昔も今も変わらないと思いますが、近年、頑張ることに弱い男性や、
相手を支えるよりも自分の幸せを優先する女性が増えてきたことも否めません。
でも、これはクローズアップされているところもありますので、全てではありません。
形式が変わったとしても共稼ぎ夫婦も昔に比べ断然増え、出産後半年位で
職場復帰したい女性も多くいます。
それにしては社会整備が追いついていませんが...
要は「一番大切な家族のためには頑張れる」 これが一番の起爆剤になることは
昔も今も同じです。
そのためには大切な人と思われるような人間になる。
この人のためなら頑張れる、と思われる人にならなければなりません。
何もかもめんどくさい、ひとりがお気軽でいい。しんどいことはごめん。
人は悲しいかな年を取るのです。
そのつけは老後に必ずやってきます。
今は老人の孤独死どころかもっと若い層の孤独死も増えてきたと言われています。
せっかくこの世に生まれてきたのですから、こんな悲しい終わりかたは
なんとか避けてほしいです。

安定していないから結婚できないのではなく
結婚が安定を招くということを今一度お考えくださいませ。

Posted by premarri at 2015年02月22日 14:26
2015年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
新入会者速報

ご子息ご令嬢のご結婚をお手伝いします
法人向けプラン