真剣にご結婚を考えるなら高実績のプレマリへ。 結婚情報サービスのパイオニア、株式会社ブライダルが運営する安心信頼の結婚紹介サービスサイトです。

  トップページ結婚応援日記
ここでは、プレマリを活用して結婚するためのコツを中心に、プレマリの専門カウンセラーが交代で情報を更新致します。 楽しい情報、役立つ情報をご提供してまいります。ご期待ください!

« 2014年08月 | メイン | 2014年10月 »

2014年09月19日

目で聞くとは。

「人は相手の話を耳で聞いているが、会話は目で聞いてる」と言われています。
アイコンタクトはコミュニケーションの基本中の基本。
話をしている途中で視線を外されたりしますと
「自分の話を聞いていないな」 「興味ないのかな」 とあまり気分良くありません。
それは存在を無視されたと感じるからで、話を続ける気持ちが萎えてしまいます。

一生懸命聞いているにも関わらず、こんなことでお相手の気持ちが引いて
いたとしたら、もったいないことです。
シャイな人は目線を合わすことが苦手。
これまで意識してこなかったから、知らず知らず目線をそらしているのかも
しれません。

アイコンタクトで注意するのは 相手の目を凝視するのではなく
相手の両目と鼻をつなぐ逆三角形ゾーンを見る。
特にここは伝えたい内容というときは瞳を見る様にすると
メリハリがつきます。
相手の表情を見て、自分の表情も動かしましょう。
表情の反応を示さないと、いくら目をみていても
相手は「本当に聞いているの? 」  「なに? この人変」と感じてしまいます。

目線だけではなく、姿勢も大事です。 
会話に神経を集中するあまり姿勢まで気がまわらない人も多いです。
椅子にぶか~と深く腰掛けていては横柄に思われます。
猫背で話していては貧弱ですよ。 
まさか、足を組んではいないでしょうね?

会話は内容より、表情 目線、姿勢。
此処を軽視していては、どんなに中身の濃い話をしていても
相手の心をつかむことはできません。

不得意だと思う人は パティ―等に積極的に参加して、技術を磨きましょう。
習得しなければ、いざという時に自然にできないものです。
じっと相手の目を見ていたら
「怖がられた!」ということにならないように。。。。

投稿者 premarri : 18:54

2014年09月07日

その気にさせる人。

錦織圭さんの全米オープン決勝進出のニュースに目が釘づけになりました。
なんという勇士でしょうか! 感動で胸が震えました。
技、体、心 どれもが成長し、力強く堂々としていましたね。
技、体は鍛え強くすることはできても、「心」を強くさせることは至難なことです。
それを成し遂げた人のパワーは圧巻です。 
決勝戦が楽しみですが、ここまで来たら悔いが残らない試合であることを祈るばかりです。

話はがらりと変わり….

まだきちんと結婚が決まっていない段階でのショッピングデートはあまりお勧めできません。
雑貨店巡りとか、高価なものを扱っていないお店巡りは問題ないのですが
高級品となると、後でいろいろ面倒なことになる場合もあります。

ある女性が交際お断りをした時の揉め事です。

男性の言い分として
「銀座で高いバックを買わされたのにそれで断りとはなんだ。
最初から下心があったのではないか」と激怒されました。

女性の言い分として
「銀ブラデートを誘ったのは彼で、最初の内はただウインドを眺めては足を止めるというだけでしたが、そのうち彼がスタスタとあるお店に入っていき、これが似合うよ あれが似合うよと商品をいろいろ持ってきて、これが似合うからプレゼントすると強引に言いだしました。もちろんその場で断りました。そんな高価のものを頂くわけにいかないと。
でも彼は周りの目をあるし、いったん言いだしたことを引くことはできないと言い、
私も断わり続けることで彼の自尊心を傷つけてもと、有難く受ける気持ちになりました。
しかし、やはり家に帰り冷静になるとかなり心の負担になったことも確かです。
また、その日を境にしていろんなことを彼が強引に進めていき、いよいよ気持ちが追いついていけなくなり、この度お断りした次第です。」

*私たち仲人はその場にいません。物事が紛争するときは 真っ二つに
 言い分が分かれます。ゆえに どちらにも組みすることなく冷静公平に
 互いの言い分を聞かなければならないのですが、かなり大変なことです。
 
ただ言えることは、男なら自分が決めたこと、与えたことはどのような結果になろうと
自分が良としたことだから、致し方ないと腹をくくってくださること。
これができないなら、最初から相手に何も与えないことです。
また女性も、気持ちが無いのに、男性をその気にさせてはいけません。
男性は素朴です。勘違いしてまうことも多々あるので、気持ちが定まるまでは
その気にさせる立ち振る舞い言動は控えたほうがよろしいです。
せっかくの交際です。 公園デートでじっくりいろんな話をしたり、
散策をしながら、互いの感性を確かめあったり、 
心の交流を基本としたデートを楽しんでくださればと思います。

投稿者 premarri : 17:53

2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
新入会者速報

ご子息ご令嬢のご結婚をお手伝いします
法人向けプラン