真剣にご結婚を考えるなら高実績のプレマリへ。 結婚情報サービスのパイオニア、株式会社ブライダルが運営する安心信頼の結婚紹介サービスサイトです。

  トップページ結婚応援日記
ここでは、プレマリを活用して結婚するためのコツを中心に、プレマリの専門カウンセラーが交代で情報を更新致します。 楽しい情報、役立つ情報をご提供してまいります。ご期待ください!

« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月30日

つぶやき....

先日、あるテレビ番組を見ていまして、そうだよね~ とうなづきました。
「現実を変革するには現実を見る」 
理解しているようで、していない。 現実を直視することは時として辛いことです。
事がうまくいってない場合は特に見ていません。 いや見ようとしないのかな。
その実、なんとかならないのか~ と嘆いている人は多いと思います。

ある人です。
とにかく学歴志向で、やたら有名大学に弱い。
努力しないくせに、やたら高いものを目指す。
努力しないから、手に入らないのはもちろんなので
願望だけが強くなっている。
自分の知り合いに家柄の良い人や有名大学卒とか有名企業に勤めている人が
いたら、なぜか自慢げに話をする。 あんたに関係ないし~  なんなの!
嫌ですね~ こんな人。
こういう人に限って、自分のことを人からああだこうだと言われるのは嫌う。
ほんとうに始末が悪いのです。

自分のことを知らない人。あるいは知ろうと努力しない人は横柄です。
教えられことに気づき、すぐに直そうと努力する人は謙虚です。
横柄な人は、とにかく嫌われます。 人がよりつきません。
謙虚な人は慕われ愛され、人がついてきます。

ご縁でもそうです。
相手のせいと片づけているうちはダメですね。
まずは、現実を見るためにも アドバイスには耳を傾けていただきたいものです。


投稿者 premarri : 16:49

2014年07月23日

大暑です~

7月23は二十四節季のひとつ、「大暑(たいしょ)」。
一 年のうちで最も暑い時期が訪れました。
ほんと、そのとおり。今日からいよいよ猛暑の日々が続くようです。
今年は例年よりエアコンの利用頻度を控えようと、2,3日前まではお風呂上りしか
つけませんでしたが、もう駄目~。 家に帰ればまずエアコンのスイッチON。
なんと意思の弱いこと...とりあえず就寝は今のところエアコンなしで頑張っていますが
いつまで続くかな~...
寝つきが悪いと、いろいろさもないことが頭に浮かび、よけい寝れなくなってしまい困ったもんです。

昨夜の寝つきを邪魔したしたのは、昼間の会食時の出来事を思い出して。
私がかなりある人のことを褒めて少し興奮気味に話をしていたところ、共通の知人が
さも冷めた感じて興ざめの言葉を返してきました。
それでその人はいくらそれで儲けたの? とか、それだけ仕事に没頭していたら
夫婦関係はおかしくならない? とか ほんと余計なお世話じゃん!と叫びたくなるくらい
むか~ーーー。
くだらい視点で人の話を聞いていたのか、あえて一緒に褒めることを拒否したかったのか
ただのあまのじゃくなのか、とにかく温度差の違いは気分をめいらせます。
乗りのテンポが違ったり、感じ方が違うとコミュニケーションはとりがたいですね。

お見合い後の結果報告で、「話が続きませんでした」と聞くことがよくありますが、
話題の種が切れただけではないと思います。
「えっ! リアクションがたったそれだけ?」
「なに! その返答。 おかしくない? ちゃんと人の話聞いてる?」なんて
心の中で相手は不満を募らせていたかも。こうなると、もう相手は帰りたいばかりで
しいて新しい話題をふることなど考えてくれません。
なにせ初対面なのです。 会った瞬間波長が合うなんて感じられることは、まず稀ですので
ある水準まではテンポを合していただきたいものです。

もう日付が変わり24日になりました。
朝になると孫ちゃんが来るので、今日はなにも考えず寝るとします。
子守はなにせ体力勝負ですので、睡眠不足は大敵です。


投稿者 premarri : 23:36

2014年07月12日

ターニングポイント。

先日元部下で、今や、グリーンアドバイザーとしてテレビ出演や講師活動で全国を飛び回っている
Kさんと久しぶりに会いました。 元部下であったときは私のことを「女史」と言っては笑わせ、
サポートしてくれた、可愛い、ゆかいな人でした。

30歳半ばで3人のお子さんを育てながらのパート勤めでしたが、パートの域を超え、会社の事務効率を上げるためにコンピュター化を実現させました。パソコン等触ったことがないという従業員が圧倒的に多かった状況の中で、それを立ち上げるまでの苦難は筆舌に尽くしがたいものがあります。
今やごく普通のようにパソコンの前で業務をこなしていけるのは、彼女の立ち上げがあったからこそです。 その後に改善などに携わった人達もいますが、出来上がったものをさらに構築していくことと
無から作り出すことでは苦労の度合いがはるかに違います。
当然、上司である私も一緒には動いておりましたが、恥ずかしながら添え物程度でしたね。
でもある日、システムを作っている大手の企業に、 深夜彼女と男性の部下を連れ
乗り込んだ時のこと。無我夢中で啖呵を切り、こちらの言い分を通したことがありました。
これが唯一の私の働きでしょうか...
そのあと屋台のラーメン屋さんで3人で祝杯をあげたことが懐かしく思い出されます。 
映画のシーンではありませんが、そのとき雪もちらほら降りだし...
でも やったーという充実感で心は熱かったです。 ちっとも寒くなかった。
なんだか思い出して泣けてきます。
どうして深夜の乗り込みになったかは、ごく単純です。
彼女が3人の子供たちにご飯を食べさてからの出陣になったから。
学歴が無くても、子供がいても、パートでも 気概、 信念、 熱意があれば会社は動かせる。
身をもってみせつけられた最大の貴重な体験でした。

彼女はそれだけでは終わりませんでした。
所詮このまま頑張ってもこの会社で自分が生かされるのはここまでと見切りをつけ、
潔く退職し次の道に進みました。それが今のグリーンアドバイザーという職業です。
彼女の人生のターニングポイント。全く違う園芸という道に飛び込んだわけですので
ここまで来るまでにそれ相応の大変さもあったようですが、
「皆の支えがあったからこそ」と言うだけで苦労話は一切出しません。 
彼女の人間力というか、人を惹きつる物は確かに持っています。
人を動かす力があるのは一種の特殊能力ですが、 「無我夢中」になっているときは
何故か周りも動きます。
人生の中で、一度はこういう時期が皆あると思います。
あたなにもきっとターニングポイントがあります。
これをスルーしていては人生は楽しくないですよ。

このたび彼女は本も出して、新たな道が形となりました。 
自分がやってきたことが形として残るということは、まずほとんどの人はありませんので、
いかに彼女がすごい人だと感服です。
今や肩書きには代表取締役と記され、「先生」と彼女のことをみんな呼びます。
こんな人と一時でも一緒に仕事ができたことが誇らしいです。
そして「今の私があるのは、あの時仕事を教えてくれた女史がいたから」と
おせいじにも言ってくれる彼女の優しさを有り難いと思います。
私はこれからも結婚のお世話の道を歩み続けます。
私にとってこの仕事に就いた時がターニングポイントでしたので
最大の大切なものとして取り組んでおります。

さて明日の朝は公園のお掃除当番。
孫が遊ばさせていただく公園ですので、しっかり草取りしてきます!


投稿者 premarri : 21:49

2014年07月02日

軽く流さないで。

お見合いの席でそれなりに話は弾んだが
帰り道、はて今日は何の話題で盛り上がったのだろう?と思う人。

ただ、ただ 疲れたというだけで
さして楽しいというものが残らなかっという人。

それはピントポイントに話題を絞り込み、それについて
会話のキャッチボールをしなかったからです。

沈黙が怖い。 何か聞かなければ、話さなきゃと 
互いが向き合っているだけでは、何も残らないのは当たり前です。

先日 あるかたがお見合い後相談されてきました。
「今日も盛り上がりに欠けました」と。
彼女の趣味は「料理」ということだったそうで、それについて聞きましたか?と
尋ねたところ、「もちろんです。」 
それで彼女は? 
「ローストビーフが得意と言ってました」
それであなたのリアクションは?
 「はあ~ そうですか」と言いました。
それじゃ沈没するのも無理ないわ。
「ロースビーフが得意なんて すごいですね? あれって難しいのでは?」
というようにしていけば、彼女もよくぞ聞いてくれたと
そこから話題が自然に膨らんでいくのに...
あたなの失敗はいつもここなのです。
次に何を話そうかということを考えるあまり、目の前の事を流してしまう。
それにより、お相手は「それだけ?」と不満が残る。
一応その後社交的に合わしてくれても、途中で時計を見たということは
今日のお見合いはこれで終了。次はない。 早く終わりにしてほしいと
いう合図だったのかもしれません。
自分の得意分野でないことほど、「知らないから、もっと教えて!」とか
「すごいね!、 もっと聞かせて」というくらい投げかけ、
お相手がひとまず、楽しそうな雰囲気になったら
ころあいを見て、次の話題にいってください。
女性もそうです。「あまりわかりません」と、首をかたげて終わりでは
彼が焦るだけです。
貴重な時間です。 
もう少しお互いがお互いを引きだす努力をしていただきたいものです。 
お見合は一方通行の面接ではありませんので...
.

投稿者 premarri : 19:20

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
新入会者速報

ご子息ご令嬢のご結婚をお手伝いします
法人向けプラン