真剣にご結婚を考えるなら高実績のプレマリへ。 結婚情報サービスのパイオニア、株式会社ブライダルが運営する安心信頼の結婚紹介サービスサイトです。

  トップページ結婚応援日記
ここでは、プレマリを活用して結婚するためのコツを中心に、プレマリの専門カウンセラーが交代で情報を更新致します。 楽しい情報、役立つ情報をご提供してまいります。ご期待ください!

« 2014年05月 | メイン | 2014年07月 »

2014年06月27日

あなた自身の都合で洋服を選んではダメ。

身長が低くとも、デブちゃんぎみでも ファッションセンスや着こなしが
お洒落な人はモテます。(男女とも)自分を良く知り、少しでも好感度を
上げようとした努力の結果で、何もしないでセンスなど磨かれません。
自分なんて、どうせ...なんて思っている人は、
はなから試合放棄しているわけですから、
結果が出ないと嘆いても自業自得。 
でも、ほんの少しでも良いのでアドバイスに耳を傾けてくれるなら、
そこからきっといろいろ始まりますよ。

じめじめとした梅雨の時期は、つい「雨に濡れてもいいように」と
新品の洋服を避けたり、黒やグレーなどの暗い色を選びがちになるけれど、
そのままでは近いうちにゴールを決めるのは難しいかもしれません。
なぜなら、あなた自身の都合で洋服を選んでいるから。
洋服を選ぶときに忘れてはいけないのが「相手への思いやり」。
一緒に過ごす相手にいかに心地よくなってもらえるかを考えて服を選ぶだけで、
話の弾み具合や笑顔の回数も違ってくるもの。
梅雨の憂鬱な時期こそ爽やかなコーディネートで、
相手に心地よさを提供してあげるのがよいでしょう。

例えばデートする時の男性なら
爽やかさを演出したい時は、どこかに“隙”をつくるのがポイントです。
たとえば、Yシャツの首のボタンを少し開けたり、パンツの裾を折ったりすると、
素肌の面積が増えて涼しげな雰囲気を演出できます。
シャツは白や青など、清潔感のある色味を選ぶとよいでしょう。

相手に元気をあげるために、明るめのカラーを取り入れるのも◎。
オシャレ初心者の方は、まずは小物からトライしてみてください。
あまり挑戦したことがない色でも、小物なら大丈夫。
ハンカチやバンダナを折って、パンツの後ろポケットやシャツの
胸ポケットからチラリとのぞかせるだけでもアクセントになりますし、
普段から使っている腕時計のベルトを、明るい色味に変えるだけでも効果的です。
着なれたアイテムでも、爽やかなエッセンスを取り入れるだけで違う雰囲気が演出できるもの。
ぜひ挑戦して勝利を手に入れてください!

お見合い出会いの場合は、やはりスーツが基本です。
これから暑いのでノーネクタイでもかまいませんが
その場合はジャケットなどを用意ください。
初対面の挨拶の時には着用し、席についたら脱げばよろしいです。
女性はちゃらちゃらした薄手のものは避けたほうがよろしいでしょう。
先だってクロップドパンツでいらしたかたがいらしてビックリしました。
お見合い出会いは、やはりお相手に敬意を払うために
少々暑くても我慢してきちんとした服装でお出かけくださいませ。



投稿者 premarri : 17:25

2014年06月14日

次がうまくいかないのは。

お見合い後、初めてのデートでそれなりにお話が進み
これはいける!と手ごたえを感じ
「次は○○のお店に行きませんか?」とメールしたところ
「最近、仕事が忙しくてすぐに約束できる日にちが出せません。
時間ができたらこちらから又メールしますね」と返事が来たきり
待てどもなしのつぶて。

さすが不安になり 彼女の状況を一度確認して頂けませんか?と
依頼されてくる方がいます。
しかし、だいたいの場合は「残念ですが、すでにふられています」
気持ちがあれば、どんなに忙しくても短いメール1つは返信できるはずです。
そこを察し、早々に交際終了にしたほうが時間の浪費は防げますが
今後、このようなことにならないよう、まずは何がダメだったのか検証をしましょう。

デートは楽しむだけの機会ではなく、相手が自分に合うかのチェック、
結婚相手として共に暮らしていける相手なのかを確認する場でもあります。
楽しく時間が流れているからと 自分のペースだけで進めている間に、
お相手は真剣にあなたの言動、雰囲気 、価値観 、食べ方などを見逃していません。

ある、女性が言っていました。

「ことごとく私が発する言葉に「でもね」 「そうかな?」と 否定的な投げかけをするのです。
まったく受け入れてもらってないな~ .... なによその上から目線。
お好きにどうぞ。 気の済むまでお話くだい。 聞き役に徹しますから。
あとは彼の独演会状態を、 ただにこにこ社交笑顔で過ごし 
すでに、心のなかで「次はないな」と決めていました。」

洒落たレストランでおもてなししても
これでは、「心のおもてなしに」になっていません。
デートの鉄則である、「相手をここちよくさせる」方法を間違えれば
このようなことになるのです。
受け答えひとつで相手の気持ちがすーと寄ったり、さーと引いたり。
気がつかずに何気なくしていていることが大きな原因になっていることがあります。

男女ともですが、上から目線で話す人は、よっぽどこてんぱんに誰かに注意されるか
それがもとで大きな痛手、失敗をしてやっと我が身の至らなさを気づく。
直そうとしても時間はかかると思いますが
人間関係をスムーズにするために、まずは意識して直していきましょう。


さて全く話は変わりますが、プレマリはほどんど広告というものをしていませんが
口コミで広まっているのか、技術系、研究職の男性入会が多いです。
女性に人気の職種ですので、お見合い成立数はネットワークに加盟している
結婚相談所の中で群を抜いているとか...
手前味噌かもしれませんが、一応お知らせしておきます。


投稿者 premarri : 15:46

2014年06月04日

英才教育のひとつとして。

もう今年もあと半年に向かっています。
ここ数日猛暑になったり 梅雨が早く来たりして
向かってくる季節の移り変わりに、全然追いつけません。
バタバタ過ごしているうちに、6月になってしまいました。

1月のお見合カップル成立が多かったため、6月は当然ながら
ご成婚ラッシュです。毎日のように嬉しいご報告が届き
対応に追われておりますが、その陰で壊れたカップルも多々ございます。
お見合い出会いですので、交際半年で一応の区切りをつけて頂くわけですが
そのなかで大変なのがお相手の終了依頼をどうしても受けいれられないかたです。

ろくに恋愛経験をしなく そのままけっこうな
年齢になったかたは、女性という生き物をあまり知っていなく
交際にかなり苦戦する傾向があります。
さらに断わりを受けたなら、気持ちの整理をするのに手こづります。
その点、若い時からお付き合い豊富なかたは、「女性ってそんなもん」と
ある意味、潔い良いというか達観しており、結果が上手くいかなかったとしても
なんだかんだ言いません。

これだけは言えます。 学生のうちからどんどんお付き合い経験をすること。
親のほうも子供が勉強だけしていれば安心などと思わず、
お年頃になってお付き合いの兆しもないなんて事にならないよう
小さいときからもっとフォローしていくべきだと思います。
幼少時の教育の一つとして挙げさせて頂きます。

投稿者 premarri : 15:00

2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
新入会者速報

ご子息ご令嬢のご結婚をお手伝いします
法人向けプラン